お取り寄せは、よく利用しています。

お取り寄せ食材の生産者との交流エピソード

お取り寄せ食材の生産者との交流エピソード

お取り寄せは、よく利用しています…

■ 39歳 女性の場合
お取り寄せは、よく利用しています。わざわざ現地に行かなくても、インターネットでご当地物を購入することができる便利さは、一度体験すると何度も利用してしまいます。
中でも、北海道のニンジン農家との交流は、我が家にとって思いがけない嬉しいつながりとなっています。うちの子たちはニンジンがどうも苦手で、給食に出るものはなんとか頑張って食べるけれど、家で出す料理の中に入っている人参は、何を言っても食べようとしなかったのです。
栄養価の高い人参だから、色々な料理を作ってみるのですが、やっぱり苦手意識が強いのか、食べようとしませんでした。

でも、テレビで見た果物並に糖度が高くて美味しい人参なら食べられるかも、とお取り寄せで注文したのです。
その時に、子供が人参が苦手でどう調理しても食べてくれない、というメッセージもつけました。
すると、料理のレシピや美味しい食べ方などを丁寧に書いた、手書きのメッセージと共に届き、それを読んだ子供も恐る恐る食べてみたら、人参とは思えないくらい甘くてクセがなくて美味しいと、喜んで食べました。

それ以来、その生産者から毎年人参を送ってもらっています。

Copyright (C)2017お取り寄せ食材の生産者との交流エピソード.All rights reserved.