今、日本の食材が世界から買えるようになり、お取り寄せ食材を買う機会も増えました。

お取り寄せ食材の生産者との交流エピソード

お取り寄せ食材の生産者との交流エピソード

今、日本の食材が世界から買えるようになり…

■ 39歳 男性の場合
今、日本の食材が世界から買えるようになり、お取り寄せ食材を買う機会も増えました。

お取り寄せ食材も、北海道のカニから沖縄の海ぶどうなど、様々な物を買わせてもらいましたが、中でもおまけを付けてくれる生産者の人がいると、お礼がてら手紙を送らせてもらう時があります。
そんな生産者とのエピソードになるのですが、購入時にお手紙の交換があり、現地まで行かせて頂いたことがあります。その人は自家菜園で野菜を販売しており、無農薬は勿論のこと栄養にもこだわって、独自の栽培を行なっているのです。

購入前に見た購入者のエピソードで、アトピーが治ったとあったので、私の子供にもと思い購入しました。
初めは、純粋に美味しくてリピートさせてもらいたいと定期的に旬の野菜を送ってもらうようになったのですが、続けていくうちに子供の肌からアトピーが消えていったのです。

そのことを伝えるために現地の生産者に手紙を書くと、子供を連れて遊びに来て、とお誘いを受けて実際に行かせてもらったのでした。

Copyright (C)2017お取り寄せ食材の生産者との交流エピソード.All rights reserved.